新たに狩猟や射撃を始める人の為に、何かと出費がかさむ最初だから狩猟や射撃用品をリサイクルできたらとこんなことを始めてみました。

長年愛用した猟具も狩猟免許の返納と同時にその役割も終わります。実銃や火薬は取引できませんがガンロッカーや装弾ロッカー・射撃用品等、愛着があった品物を次世代のハンターが大事に使う。

わたしも、かれこれ28年前の23歳の時に、新品なんて買えないで隣のおじさんが使っていたものを譲り受けて今でも使ってます。何かとお金が掛かるこの時代に極力お金をかけないっていうのもアリだと思います。